Top
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
自分の遊休地にアパートを建てたい・・・、駐車場にしたい・・・・
そんなとき都市企画センターにご相談下さい(相談料無料!)
 たとえ自分の土地であっても、所属する都道府県、市町村や面積、内容などにより勝手に開発することは法律で厳しく規制されています。これは、無秩序な市街化や住環境を保全するために必要なことです。しかし、法律を遵守する中で関係各機関との協議によってはより良い解決策が見いだせることもあるはずです。
都市企画センターは開発許可申請の総合アドバイザーです
都市企画センターでは、開発行為の無料相談を行っています。「この様な開発をしたいのだが、はたして可能だろうか?」、「どのような法律、規制があるのだろう?」など、ご遠慮なくご相談下さい。
開発申請に関するお問い合わせはこちらまでご遠慮なくどうぞ(相談料無料)
県などの許可が必要な開発行為とは・・・
 都市計画法第29条により、「都市計画区域又は準都市計画区域内において開発行為をしようとする者は、あらかじめ、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事(地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の19第1項の指定都市、同法第252条の22第1項の中核市又は同法第252条の26の3第1項の特例市(以下「指定都市等」という。)の区域内にあつては、当該指定都市等の長。以下この節において同じ。)の許可を受けなければならない」とされています
開発許可が不要のもの
市街化区域にあって、1000平方メートル未満のもの
市街化調整区域内の農林漁業用建築物
公共公益事業、国、都道府県、事務処理市町村、都道府県などが加わる一部事務組合などが行う開発行為
都市計画事業や非常災害応急処置、公有水面埋め立て事業
土地区画整理事業、市街地再開発事業、住宅街区整備事業など
都市計画法による許可申請の手続きは非常に複雑で煩雑です。開発の場所・規模・内容などにより手続きも内容も異なりケースバイケースの判断が必要です。
開発申請に関するお問い合わせは都市企画センターまでご遠慮なくどうぞ(相談料無料)
※引用:開発許可制度と開発許可(福岡県版)
開発申請に関するお問い合わせは都市企画センターまでご遠慮なくどうぞ