Top
無秩序なまちづくりから秩序ある総合的なまちづくりへ
 人々が親しみを感じ、そして何より快適にすごせる住環境は、しっかりとした『まちづくりプラン』のなかにこそ実現できるものです。自然を破壊するだけの無秩序な開発は、放置しておくと『まち』としての全体的機能が失われ、やがては住みにくい住環境になってしまいます。そんな、快適で住み良く、親しみのある『まち』にするために、住民の意見を反映したしっかりとした『まちづくりのプラン』をつくるのが大切ではないでしょうか。
無秩序な『まちづくり』とは
無秩序に住宅が建ちはじめると、そこには・・・
曲がりくねった道路やすれ違いが不可能な道路が出来ます。通行に危険が伴います
生活インフラである、上下水道、ガス等の整備が遅れます
公園や広場が無く、子どもたちが安全に遊ぶ場所がありません
宅地の形が不揃いで、道路に面していない様な宅地が出来たりします
密集した街並みとなり、地震・火事等の災害に対して非常に弱く危険です
土地区画整理事業はこれらの問題を解決する最も効果的な手法のひとつです
土地区画整理事業の仕組み
 土地区画整理事業は換地により、公共施設用地を創りだし宅地の整備行うものです
土地所有者等からその面積や位置等に応じて少しずつ土地を提供(減歩)していただき、それを道路・公園等の公共施設用地等に充当します
公共施設や宅地の地形や形状を改善し土地の利用価値を高めます
土地区画整理事業の効果
道路網が再編され、歩車道の分離、交差点改良などにより安全性が向上します
公園や集会所等の供用スペースが整備され、幼児・お年寄りの安全性が向上します
公園などのオープンスペースは火災時の延焼防止効果と災害時の避難機能が向上します
上下水道・ガス等の生活インフラの整備が促進され、耐浸水性や衛生面が向上されます
地区内のみでなく広域的な幹線道路、公園、河川等が整備され都市機能が向上します
商業地区、交流地区等の新機能が整備され地域の活性化が図れます
番地などが整理されわかり易い街並みとなります
土地の登記情報を正確なものとすることが出来ます
土地区画整理事業に関するお問い合わせは都市企画センターまでご遠慮なくどうぞ
土地区画整理事業に関するお問い合わせは都市企画センターまでご遠慮なくどうぞ